OWS事務局ブログ

2016年06月21日

ネイチャースクール三浦「海辺の自然観察&カメラ教室(1)」終了

6月18日(土)、オリンパスさんとの協働で
小中学生対象の「海辺の自然観察&カメラ教室」を開催しました。
すっかり恒例になったこのプログラムは、今年で5年目になりました。

今回は小3〜小6の20名の子供たちが参加し、三浦半島の海岸へ出かけました。
カメラの使い方を練習してから、グループに分かれて磯の生き物観察と撮影を行いました。

P6190021.JPGP6190048.JPG

潮だまりでは、貝、ヤドカリ、カニ、ウニ、ウミウシなどのたくさんの生き物が観察できました。
ヨットや灯台、カヤックなどの海の景観や、観察した海の生き物たちの写真を
思い思いに撮りました。

P6190099.JPGP6190090.JPG

午後はクラフト教室に使う材料集め。貝殻やシーグラス、海藻、ウニの殻などを集めました。

お天気に恵まれて、急に夏らしい気温になりましたが、海はとても気持ち良かったです。

P6190139.JPG


次回は、7月2日(土)に2回目の回を実施します。
(満員御礼)


posted by OWS at 18:59 | ネイチャースクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

江奈湾干潟 生物市民調査とアマモ調査 終了

4日5日の両日、第4回目の江奈湾干潟生物市民調査とアマモ調査を実施しました。
今回の参加者は全員で28名と大人数のうえ、10名を超える研究者が参加した特別なチームとなりました。

P6040025.JPG

干潟調査では6年ぶりにオサガニを確認したほか、数種の未記録種も確認できました。

P6040023.JPGP6050026.JPG


アマモ調査は生憎の雨模様となりましたが、湾内のアマモ群集、コアマモ群集についてGPSを使って分布域を把握することができました。

P6050130.JPG


4日夜に開催した恒例の研修会では、京都大学フィールド科学教育研究センターの宮崎勝己先生によるカイヤドリウミグモの研究、広島大学の冨山毅先生によるカレイと干潟生物の研究、西海区水研の山田勝雅による干潟生物研究の幅広い話題を提供いただき、大変充実した内容となりました。

P6040078.JPG

調査指導をいただいた国立環境研究所の金谷さん、東邦大学の多留さん、仙台から駆け付けてくださった東北大学の青木先生、鈴木さん、伊藤さん、そして、参加いただいた皆さま大変お疲れ様でした。



posted by OWS at 18:04 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

造礁サンゴ調査プロジェクト「安良里・黄金崎探索調査」

20160515-DSC_0369.JPG20160515-DSC_0376.JPG

5月15日(日)、快晴、ベタ凪のコンディションの中、
造礁サンゴ調査プロジェクト「安良里・黄金崎探索調査」が終わりました。

安良里では毎年モニタリング調査しているエリア外、普段ダイビングポイントとして潜ることのできない海域を調査しました。60cm位のエンタクミドリイシや、ミドリイシ、キクメイシなど11種類の造礁サンゴを観察することができました。

午後は、黄金崎ビーチを探索しました。
砂地のビーチポイントで、サンゴは多くありませんでしたが、ケイソンブロックにつくキクメイシモドキや岩につくミドリイシ等が観察できました。

参加された方も、宝探しのように探索調査を楽しんでいました。
皆さんも、サンゴ宝探しに参加しませんか、楽しいですよ。

水中調査委員:古谷和俊

20160515-DSC_0430.JPGDSC_0381-2.JPG


posted by OWS at 11:54 | サンゴ調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

エブオブ61号(春号)発行

写真 2016-04-26 10 38 59.jpgエブオブ61号(春号)を発行しました。
メンバーの皆さまのお手元には届いた頃かと思います。

今回の特集は

「21世紀の環境問題:
マイクロプラスチック」とその低減に向けて

です。東京農工大学の高田秀重先生にご寄稿いただきました。

ゴミ問題は前号を含めこれまでにも何度も特集していますが、本当に深刻な問題です。
ぜひ、多くの方にお読みいただきたいと思います。


表紙は海洋写真家・杉森雄幸さんのタイ・シミラン諸島の海です。


posted by OWS at 15:08 | 委員会から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&ゴミ回収活動」終了


3月26日(土)今年度最後の干潟モニタリングとゴミ回収活動を終了しました。

ようやく春の兆しが感じられる干潟でしたが、曇りがちの肌寒い陽気だったせいか
干潟生物の出現は限られたものでした。

P3260015.JPG

それでも秋から冬の期間に確認できなかったツバサゴカイの棲管を確認したり、
チゴガニのコロニーを観察したり、楽しい時間を過ごしました。

P3260026.JPGP3260031.JPG
 ↑ ツバサゴカイの棲管

午後は地元協力者の高梨さんを含め11名の皆さんで350キロのゴミを回収しました。

P3260035.JPG
ツワブキ採集


また、活動終了後、高梨さんの案内で
ツワブキの採集も行いました。(→)
高梨さんはツワブキの料理レシピもご用意くださり、
皆さん昨夜は、春の香り豊かなツワブキ料理を
堪能したことでしょう!

皆さまお疲れ様でした。



posted by OWS at 12:30 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする