OWS事務局ブログ

2018年07月02日

「海辺の自然観察&カメラ教室(城ヶ島)」終了

オリンパスさんとの協働プロジェクト「未来に残したい海 プロジェクト」で
6月30日(土)、今年度2回目の小学生対象ネイチャースクール「海辺の自然観察&カメラ教室」を開催しました。
今回も、小学3年生〜6年生の男女20名が参加、三浦半島・城ヶ島で開催しました。


P6300048.JPG P6300051.JPG
オリエンテーションでカメラの使い方を学びます。お花をテスト撮影。

P6300064.JPG P6300106.JPG
お天気が良くて海が青かったですね。 磯では生き物観察と撮影です。

P6300213.JPG
灯台の近くで、貝殻などの漂着物を集めました。

次は採集してきた漂着物を使って7月15日にクラフト教室です!




posted by OWS at 11:39 | ネイチャースクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

「海辺の自然観察&カメラ教室」 雨天のため油壷マリンパークで実施!

オリンパスさんとの協働プロジェクト「未来に残したい海 プロジェクト」で
6月16日(土)、今年度1回目の小学生対象ネイチャースクール「海辺の自然観察&カメラ教室」を開催しました。

今回は、小学3年生〜6年生の男女20名が参加しました。
雨天の為、三浦市の油壺マリンパークにて生きもの観察・カメラ教室を実施しました。


P1010041.JPG
オリンパスプラザに集合。みんなでバスで向かいます!


P1010045.JPG
到着後のオリエンテーション。



P1010063.JPG  P1010077.JPG
カメラの使い方を教わり、水族館内外でたくさん写真を撮りました。


P6160015.JPG
展望スペースにて。相模湾を一望!海に行きたかったなあ・・・


P6160022.JPG  P1010079.JPG
撮影対象がたくさんあるのは水族館ならでは。
みんな大興奮!


P6160040.JPG
チンアナゴに夢中です


P6160020.JPG  
子どたちはみんなカメラが大好き!腕が上がったかな?



雨を感じさせない、楽しいネイチャースクールとなりました!



次回は6月30日(土)、2回目の海辺の自然観察&カメラ教室を実施予定です。







posted by OWS at 18:14 | ネイチャースクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

サンゴについて知ろう学ぼう!「水族館でサンゴ観察」終了

P6010153.JPG6月2日、国際サンゴ礁年にちなんだプログラムとして、
オリンパス株式会社とサンシャイン水族館の協賛で
「水族館でサンゴ観察」を実施、
30名の児童が参加しました。

このプログラムでは、水族館に展示されている
サンゴを観察したり、
サンゴの骨格に触れてもらったりすることで、
普段見過ごされがちなサンゴのことを
P6010190.JPG少しでも知ってもらうおうと企画したものです。

水族館のバックヤードツアーも行われ、
サンゴの展示や保全の話も聞くことができ、
楽しい学びの時間となりました。
7月7日には「潮だまりでサンゴ観察」を
伊豆の潮間帯で実施し、スノーケリングで
自然のサンゴを観察するプログラムを実施します。




posted by OWS at 14:47 | ネイチャースクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

春の江奈湾・毘沙門湾干潟生物調査終了

5月19日には第6回江奈湾干潟調査を実施し、14名が参加しました。
今年も様々な種が確認され、あらためて江奈湾干潟の多様性を確認できました。

夜は、美しい生態写真の撮影で著名な東邦大学の多留さんに撮影テクニックを
披露していただきました。

P5190067.JPG

5月20日には第4回毘沙門干潟調査を実施し、13名が参加しました。
毘沙門湾でも多くの新たなベントス種を確認しました。

P5190040.JPGP5190029.JPG
P5190058.JPGP5200131.JPG
P5202925.JPGシラスウナギ.PNG


posted by OWS at 14:46 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

江奈湾干潟モニタリング&ゴミ回収活動 終了

4月1日、少し風があったものの暖かい春の陽気の中、
今年度最初の江奈湾干潟観察会とゴミ回収活動を参加者14名で実施しました。

午前中の観察会は、いつもながらいろいろな発見があり、
楽しい観察会となりました。

P4010005.JPG

ようやく潮も少し低くなって低潮線付近の観察場所も少し広がり、
本格的な観察シーズンも間近です。

P4010058.JPG 
ハマグリ:殻幅72ミリの大型のハマグリ

P4010006.JPG P4010013.JPG
写真左:初記録のムツハアリアケガニ
写真右:ヒモムシと同居していたオオヨコナガピンノ


午後にはゴミ回収活動を実施し、327kgを回収しましたが、
時間切れでまだ多くのゴミが残されています。

P4010082.JPG P4010073.JPG

もしゴミ回収活動を実施できそうな会社や団体がいらっしゃいましたら、
ぜひご一報ください。

P4010098.JPG
お疲れ様でした!



干潟沿いの県道拡幅工事↓
P4010004.JPG
3mの拡幅とはいえ、工事で破壊される雑木林の幅は10mを超え、
この範囲のアカテガニ営巣地は消失しました


posted by OWS at 19:54 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。