OWS事務局ブログ

2008年12月05日

第5回OWS海のセミナー終了

 
海のセミナー2005「海のセミナー」の基本的な目的は、
「科学的な視点をもって自然を学ぶ」機会を提供することにあります。

これまで、海の自然環境やそこに棲む生きものを対象とした、さまざまな分野の専門家を講演者としてお迎えし、それぞれの研究、保護活動や撮影などの取り組みや活動をご紹介いただきました。海のセミナーは、2002年に始まり、今回をもって第5回を数えます。
参加者にとって、普段知ることができない専門的な内容を知るとともに、各講演者の熱い想いやメッセージも直接聞くことができる貴重な「学びの場」となっています。



2008年11月29日(土) 第5回 OWS海のセミナー
サンゴ礁保全と海洋保護区〜 生物多様性保全を考える 〜


私たちの暮らしは、さまざまな自然の恵みにささえられています。その自然を守り、未来に繋いでいくには、生命の多様さとそれらをささえる環境の多様さを学び、その価値を知ることから始まります。今回の海のセミナーでは、国際サンゴ礁年を締めくくり、来るべき2010年の国際生物多様性年に向け、サンゴ礁の多様な自然とその大切さを学び、そうした環境を育む海洋保護区の実現に向けたアプローチを3名の講演者に解説していただきました。

講演 1
  14:10〜15:10
 
西平 守孝 
名桜大学特任教授
講演テーマ:「サンゴ礁の自然をみつめて」

サンゴは、サンゴ礁の基礎を作り、多様な生物のすみかとなり、美しい景観を作っています。
多くの生物が共存しているからくりの謎解きが面白くて,サンゴ礁での観察を続けてきました。
ある生物がいることにより、他の生物もそこにすむことができるという「棲み込み連鎖」を通して見えてくる、サンゴ礁生物群集の成り立ちや、保全への取り組みについて、考えてみたいと思います。

西平守孝(にしひら もりたか)プロフィール
沖縄県石垣島出身。東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理博)。サンゴ礁、海草藻場、マングローブ湿地などをフィールドに、生物や生物群集を観察。著書に、「サンゴ礁の渚を遊ぶ」、「日本の造礁サンゴ類」、「足場の生態学」など。東北大学を退官後、現職。東北大学名誉教授。

 

講演 2
  15:20〜16:20

(c)Aya Higa
キャサリン・ミュジック (日本名:水木桂子)
日本水中映像株式会社学術コンサルタント
講演テーマ:「山と海は恋人」
 
サンゴは絶滅の危機に瀕しています。熱帯から極地まで、世界中の海は全て危機的な状況にあります。
陸上と海での人間の活動は、海の環境を徹底的に変えてしまいました。私たちの貴重な海洋環境に対する獰猛な変化のスピードを落とし、くい止め、そして元に戻すために、私たちは何ができるのでしょう。

挑戦し、良い未来を願いましょう!しかし、変化を願う以上に、変えなければならないのです

キャサリン ミュジック プロフィール 
(日本名:みずきけいこ)
アメリカ合衆国ミシガン州出身。マイアミ大学にて八放サンゴを研究し、理学博士号取得。1981年からサントリー生物有機科学研究所の研究員として沖縄のサンゴの研究を始め、2007年には沖縄県本部町に移住し、子どもたちのための環境教育施設「おたまじゃくし城」をつくるなど、環境教育に力を入れている。著書に、サンゴの絵本「エリセラさんご」など多数。


講演 3
  16:30〜17:30
向井 宏
海の生き物を守る会代表
京都大学フィールド科学教育研究センター特任教授

講演テーマ:
「海洋保護区をつくろう〜海の生物多様性保全に向けて〜 」
昔、魚は無尽蔵でした。
それが今では、鯨、マグロはもとより、大衆魚でさえも危うくなり、魚だけでなく多くの海の生き物が人知れず地域的、全国的にいなくなってきています。

その原因は、人間のなせる業であることが多いのです。
そこで、海の生き物を守るため、人間が手を加えない場所を作ろうというのが、海洋保護区の思想です。

しかし日本では、この思想はまだ多くの同意を得るにいたっていません。それは何故か、どうすれば保護区を作ることができるのか。
それらの問題点を紹介して、一緒に考えてみたいと思います。

向井 宏 (むかい ひろし) プロフィール
広島大学大学院博士課程修了。東京大学海洋研究所、北海道大学理学部および北方生物圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所に勤務。底生生物の生態学、藻場の群集生態学、森と海の相互作用などについて研究。2007年退職後、「海の生き物を守る会」を立ち上げる。北海道大学名誉教授。2008年10月から現職。



開催日

2008年11月29日(土) 終了しました

開催時間 14:00〜17:40(13:30開場)
開催場所 国立科学博物館 新宿分館 研修研究館4階大会議室
〒169-0073 東京都新宿区百人町 3-23-1
会場TEL:03-3364-2311
JR山手線「新大久保」駅から徒歩8分/ JR中央線「大久保」駅から徒歩6分 >>地図



※空調は使用しておりません。ウォームビズでお出かけください。
定員 150名 (先着順・予約制)
参加費 OWSメンバー:1,000円
学生:1,000円
 一般:1,500円

※参加費は当日受付でお支払いください。
※近隣に自動販売機が少ないため、必要な方は飲み物をご持参ください。

主催 特定非営利活動法人OWS
協賛 オリンパス株式会社 オリンパス株式会社
協力

環境省・日本サンゴ礁学会・WWFジャパン
日本水中映像株式会社

スケジュール
14:00
開会の挨拶

14:10

「サンゴ礁の自然をみつめて」
講演:西平守孝
15:10
休憩
15:20
「山と海は恋人」
講演:キャサリン・ミュジック
16:20
休憩
16:30
「海洋保護区をつくろう 〜海の生物多様性保全に向けて〜」 講演:向井宏
17:30
閉会の挨拶
17:40
閉会




11月29日(土)、国立科学博物館新宿分館にて、第5回海のセミナー「サンゴ礁保全と海洋保護区〜 生物多様性保全を考える 〜」を開催しました。

DSC_2081.jpg今回の海のセミナーは、国際サンゴ礁年を締めくくり、生物多様性年につなげるにふさわしい、豪華講演者を迎えて開催され、参加者117名と多くの方にご来場いただきました。

セミナーでは、OWS北限の造礁サンゴ分布調査の中間報告もポスター掲示したほか、開催協力を得た環境省さんやWWFさんのポスター展示も行い、講演以外の部分でも鑑賞いただける情報が多く、充実した内容となりました。
講演者の皆様をはじめ、会場の国立科学博物館新宿分館の皆様、ボランティアとして運営に参加いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

参加したOWSイベント委員の籏野道子さんから感想を交えてご報告しまするんるん続きを読む

posted by OWS at 18:35 | 海のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

第4回科博共催「海のセミナー」終了

第4回  海のセミナー  国立科学博物館・OWS共催
「深海の神秘を探る。〜マッコウクジラが見る深海世界〜」
 

2007年2月17日(土)、国立科学博物館との共催で、深海をテーマに、海のセミナーを開催しました。

開催日の一週間前から受付を終了せざるを得ないほど、たくさんの方にご参加いただき、満席での開催になりました。

今年は、深海研究に携る三人の研究者、独立行政法人海洋研究開発機構のDhugal
Lindsay氏、帝京科学大学の天野雅男氏、国立科学博物館の窪寺恒己氏に、深海生物とその繋がりについて、最新の研究成果を交えてご紹介いただきまし
た。

 
 ■講演 1  Dhugal Lindsay ドゥーグル・リンズィー氏の講演 
 

「深海生物の研究にはカメラは欠かせない! ─深海生物の素顔─
壊れやすい深海生物と、それを捉えるために開発された最新の撮影技術について、美しい映像と俳句を織り交ぜながら、楽しくご紹介いただきました。深海でマネキンや冷蔵庫などが見つかったというお話に、会場から驚きの声が上がりました。

 ■講演 2  天野 雅男氏の講演

「マッコウクジラは深海で何をしているのか」
マッコウクジラに取り付けた小さなデータロガー、そのデータ解析により明らかになってきたマッコウクジラの深海での行動や水面近くでの睡眠行動などについて詳しくお話いただきました。
 
 ■講演 3  窪寺 恒己氏の講演
 

「マッコウクジラが捕食する大型イカ類」
マッコウクジラが捕食する深海の大型イカ類と、窪寺氏が世界で初めて生きた姿の撮影に成功されたダイオウイカについてご紹介いただきました。ユーモアあふれるお話に惹きつけられ、ダイオウイカの捕獲に成功した映像が披露された時には会場が沸きあがりました。
 

   
司会
3年連続で司会を務めてくださった、アナウンサーの小谷あゆみさん。
和やかな雰囲気とスムーズな進行で、会場を盛り上げてくださいました。
   
閉会
長谷川博OWS会長の挨拶で海のセミナーの幕を閉じました。
   
懇親会
セミナー終了後の懇親会には約50名が参加し、アットホームな雰囲気で、親睦を深めることができました。
   
ボランティアスタッフ
メンバーを含め30名を越えるボランティアの方々にご協力いただきました。講演者の皆さまをはじめ、開催場所ともなった国立科学博物館のスタッフの皆さま、ボランティアとして参加してくださった皆さま、ご協力ありがとうございました。
 
講演者プロフィール

Dhugal Lindsay
独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC) 研究員
1971年オーストラリアクイーンズランド州生まれ。クイーンズランド大学理学部及び文学部在学中、慶応義塾
大学に交換留学し、日本語の俳句を作句し始める。1993年東京大学大学院入学、同大水圏生物学博士号取得。現在、JAMSTEC
海洋生態・環境研究プログラム研究員として、主に有人潜水船や無人探査機等を使用し、クラゲ類を中心に深海生物の調査研究を行っている。横浜市立大学助教授、クイーンズランド大学主任講師兼任。
   
天野 雅男
帝京科学大学 助教授
1962年大阪府豊
中市生まれ。京都大学理学部在学中、3年間山でクマを探したあげく、イルカの研究を思い立つ。同大大学院にて、ネズミイルカ科の頭骨の地理的変異を研究
し、博士号取得。日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター(岩手県)助手に就職。当地で漁獲されるイシイルカを調査。またストランディング個体の調査やデータロガーを使ったクジラ類の行動調査も始める。2006年より現職。
   
窪寺 恒己
国立科学博物館・動物研究部・動物第三研究室室長
1951年東京都中野生まれ。北海道大学水産学博士号取得後、米国オレゴン州立大学研究助手を経て、国立科学
博物館研究官に就任。主に海産無脊椎動物(頭足類、棘皮動物、毛顎動物、動物プランクトンなど)の調査研究、標本収集・管理、教育普及活動を行う。著書に
「日本近海産貝類図鑑:頭足類」など多数。2005年、世界で初めて生きているダイオウイカの撮影に成功し、英国学術誌Proceedings of the Royal Society Bから発表、世界中の注目を集める。

 >>参加者より 続きを読む

posted by OWS at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(2) | 海のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

第3回OWS「海のセミナー2005」終了

〜自然との共存を考える〜 レポート

2月26日(土)国立科学博物館新宿分館にて、「自然との共存を考える」を基調テーマに開催しました。
今回は二部構成となり、第一部では「野生を知る・守る」というテーマで国立科学博物館の山田格先生とOWS長谷川博会長、第二部では「自然との対峙」とい うテーマで元東邦大学教授秋山章男先生とOWS高砂淳二理事の4名による講演となりました。

第一部 野生を知る・守る
山田格先生の講演 「海の哺乳類を学ぶ」

日本近海の海棲哺乳類について解説され、またイルカ、クジラ類のストランディング調査の実態を1998年の山口県におけるツノシマクジラ、2002年のタイヘイヨウアカボウモドキ、そして本年2月の北海道羅臼のシャチの例を挙げて紹介されました。

 
長谷川博先生の講演 「アホウドリ再生計画」

絶滅寸前から復活に向けて歩みだしたアホウドリの歴史と鳥島での保護・研究活動が紹介されました。また、推定総数1650羽まで回復した現在、次のステッ プとして火山噴火のリスクを回避し、小笠原諸島に新繁殖地を形成する計画について解説されました。
第二部 自然との対峙
秋山章男先生の講演 「海を語るアーティストを目指して」

大学を退官した先生が、日々フィールドでの研究活動を続けつつ、海の自然や海辺の生きものをモチーフに絵画、彫刻、音楽と多彩な活動を地元の子どもたちと ともに展開している様子がユーモアたっぷりに紹介されました。会場にも十数点が展示され、来場者の強い興味を引いていました。

 
高砂淳二氏の講演 「美しく繊細な自然を見て感じること」

前段では最近出かけたガラパゴス諸島の野生生物と水中の様子を、また後段では海に棲むさまざまな生きものたちを美しい写真で紹介し、種と進化の関係を氏独自の解説を加えながら、楽しく紹介されました。

  
司会は、昨年に引き続き小谷あゆみさん。軽快な口調で全体を明るく楽しくまとめてくださいました。
  
懇親会

懇親会では個別に踏み込んだ話も伺うことができました。
  
ロビーでの展示
 
講演者プロフィール
山田 格
国立科学博物館 動物研究部 動物第一研究室室長
1950年生まれ。東京大学大学院理学研究科修士課程修了、医学博士。専門は海棲哺乳類学、脊椎動物比較形態学。
主な著書(分担執筆)に『新潟の自然史-海から山まで』本間義治編、35-56(1992,新潟大学刊)、『国立科学博物館への招待』国立科学博物館編、 脊椎動物の適応(1995,国立科学博物館)、『日本動物大百科2哺乳類U』粕谷俊雄編、56-59(1996,平凡社)。訳書に『ストランディング フィールドガイド 海の哺乳類』山田格、天野雅男監訳(1996,海游社)など。
  
長谷川 博
東邦大学 理学部教授 OWS会長
1948年静岡県生 まれ。京都大学卒業。1976年から伊豆諸島鳥島に生息する絶滅危惧種アホウドリの保護・繁殖研究を続け、1998年吉川英治文化賞、2000年にはエジ ンバラ公賞などを受賞。「風にのれ!アホウドリ」「アホウドリ愛のシンフォニー」「50羽から5000羽へ」など著書多数。
  
秋山 章男
元東邦大学 理学部教授
1935年生まれ。千葉県一宮市在住。2003年3月、東邦大学教授を退職 後、ウミガ メ、渡り鳥の研究を継続しながら、小学生〜教員まで幅広く自然観察の指導や各 地で講演を行っている。またバイオロジストからアーティストを目指し、絵画、 彫刻、クラフトなど海の生きものを素材とした創作活動に励む。
  
高砂 淳二
自然写真家 OWS理事
宇都宮大学在学中にオーストラリアを放浪し、ダイビングと写真に目覚める。卒業後、東京写真専門学校で写真を 学び、ダイビング専門誌専属カメラマンを経て、89年に独立。地球全体をフィールドとして独自の視点でとらえた意欲作は高い評価を得ている。写真集 「life」「free」「night rainbow」など多数。


posted by OWS at 18:43 | 海のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月01日

第2回OWS「海のセミナー2003」終了

OWS「海のセミナー2003」〜サンゴ礁の海〜レポート
2003年11月29日(土)目黒区中小企業センターホールにて、「サンゴ礁の世界」をテーマに、OWS「海のセミナー」を開催しました。

当日はあいにくの天気となりましたが、雨の中、OWSメンバーと一般の方を合わせて182人の方にご来場いただきました。

今年はモイヤー先生、自然写真家・高砂淳二理事の他、水中カメラマン・水中映像作家の中村宏治氏、サンゴ礁 の調査研究を続けている南山大学総合政策学部教授・目崎茂和氏を加え、4人の方に講演していただきました。
1.モイヤー先生と中村氏による講演

2人が制作したビデオ/DVD「さかなの街」の中から、サンゴ礁にすむ生きものの生態を大スクリーンで紹介しながら、生態学者と撮影者がそれぞれの視点で とらえた生きものたちの世界を解説した。
 
2.目崎教授による講演

サンゴ礁を地理学的・環境学的な視点で解説。沖縄の海を例にとり、サンゴ礁の形成とその生態系について具体的な事例を紹介した。サンゴ礁の保全がいかに重 要か、また、サンゴ礁が生態系に与える影響の大きさについて知る機会となった。
 
3.高砂氏による講演

サンゴにまつわる作品を大スクリーンで映しだしながら、サンゴ礁の生きものたちの紹介や海の大切さを語る。作品の素晴らしさとその優しい語りには多くの参加者が魅了された。
 
司会のためにかけつけてくれた、小谷あゆみアナウンサー。スムーズな司会進行ぶりが大好評でした。
 
講演者を交えての懇親パーティーには約70人の方が参加し、講演者との歓談や記念撮影を楽しんだり、参加者同士の懇親を深めたりと、楽しい3時間を過ごしました。
 
講演者プロフィール
ジャック T.モイヤー
海洋生態学者
1952年に三 宅島に移住。島の豊かな自然に魅せられ、海鳥類、魚類、海洋哺乳類等の研究をし、数々の業績を残している。現在、海の環境教育の普及と環境保護活動に熱意 を注いでいる。著書に「御蔵島のイルカ」、「クマノミガイドブック」、中村宏治氏との共著「DVDブック・さかなの街」など多数出版。
  
中村 宏治 
水中カメラマン
中央大学卒。 18歳からスキューバダイビングを始め、海洋生物の権威、益田一氏に師事。伊豆海洋公園をベースに、水中撮影を学ぶ。以来、水中写真、テレビ、映画等あら ゆるメディアで、多くの作品を手がける。TBS・筑紫哲也ニュース23で、「ちょっと底まで」のシリーズに出演。世界で活躍している。
  
目崎 茂和 
総合政策学部教授/三重大学名誉教授 理学博士
東京教育大学大 学院卒。環境学・地理学の立場から世界各地のサンゴ礁の調査研究と保全活動を実施。また自然環境を生かした「地域づくり」に参画、環境問題・地域政策など で国や三重県の各種委員を努める。日本自然保護協会・WWFジャパン評議員。主な著書に「石垣島白保・サンゴの海」、「南島の地形」など。
  
高砂 淳二
OWS理事/自然写真家
宇都宮大学在学 中にオーストラリアを放浪し、ダイビングと写真に目覚める。卒業後、東京写真専門学校で写真を学び、ダイビング専門誌専属カメラマンを経て、89年に独 立。地球全体をフィールドとして独自の視点でとらえた意欲作は高い評価を得ている。写真集「life」「free」「night rainbow」など多数。


posted by OWS at 15:19 | 海のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月21日

第1回OWS「海のセミナー2002」終了

〜この海を未来に〜今わたしたちにできること〜 レポート

OWSにとってこの秋最大のイベント「海のシンポジウム」が10月19日(土)新宿社会保健健康センター「ペアーレ新宿」にて開催され好評のうちに終わりました。

シンポジウムは、モイヤー先生、長谷川博先生(東邦大学教授・顧問)、高砂淳二氏(自然写真家・理事)のそれぞれの講演と三者によるパネルディスカッションで構成され、「この海を未来に〜今、私たちにできること」という遠大なテーマに迫ろうというものでした。参加者は、OWSメンバーと一般の方を合わせて167人。今回は、モイヤー先生と深く関わりのある三宅島の方々も招待させていただき、小学生から70歳を超える方々まで幅広い世代の皆さんが参加され、講演者の話に真剣に耳を傾けていました。

 
1.高砂淳二氏による講演

大スクリーンに映しだされた迫力ある力作と撮影にまつわる海のお話は聞く人の心に響いた

 
2.長谷川先生による講演

特別天然記念物「アホウドリ」の保護活動について、スライドやVTRなどを使って講演。場内に感動を引き起こした
 
3.モイヤー先生による講演

三宅島のお話と、子供達の海のプログラムを大スクリーンで紹介。海の素晴らしさと子供達への教育の大切さについて考えさせられた


講演者の話は、それぞれ興味あふれる内容で、参加者の皆さんからは「面白かった」「もっと聞きたかった」という満足の声をたくさんいただくことができました。スタッフも役割も忘れてスライドに見入ったり、話を聞き入ってしまい、おかげで講演の後のパネルディスカッション時間が短くなってしまうという失敗もありましたが、とにかく約4時間にわたるシンポジウムを盛況に終えることができました。

また、夜は講演者を交えての懇親パーティを行い70人を超える皆さんが講演者と歓談したり、メンバー同士の懇親を深めるなど楽しい2時間を過ごすことができました。

今回のシンポジウムでは約15人のメンバーの方がボランティアとしてお手伝いしていただきました。ご協力有り難うございました。


講演者プロフィール
 
ジャック T.モイヤー
海洋生態学者
1952年に三宅島に移住。島の豊かな自然に魅せられ、海鳥類、魚類、海洋哺乳類等の研究をし、数々の業績を残している。現在、海の環境教育の普及と環境保護活動に熱意を注いでいる。著書に「御蔵島のイルカ」、「クマノミガイドブック」、中村宏治氏との共著「DVDブック・さかなの街」など多数出版。
  
長谷川 博 
OWS会長/東邦大学理学部教授
1948年静岡県生まれ。京都大学卒業。1976年から伊豆諸島鳥島に生息する絶滅危惧種アホウドリの保護・繁殖研究を続け、1998年吉川英治文化賞、2000年にはエジンバラ公賞などを受賞。「風にのれ!アホウドリ」「アホウドリ愛のシンフォニー」「50羽から5000羽へ」など著書多数。
  
高砂 淳二
OWS理事/自然写真家
宇都宮大学在学中にオーストラリアを放浪し、ダイビングと写真に目覚める。卒業後、東京写真専門学校で写真を学び、ダイビング専門誌専属カメラマンを経て、89年に独立。地球全体をフィールドとして独自の視点でとらえた意欲作は高い評価を得ている。写真集「life」「free」「nightrainbow」など多数。


posted by OWS at 16:44 | 海のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする