OWS事務局ブログ

2014年06月16日

「江奈湾干潟観察会&ゴミ回収」終了

梅雨のさなかにもかかわらず、晴天に恵まれた6月14日土曜日、江奈湾干潟観察会(モニタリング)とゴミ回収を実施しました。

M9088109.JPG
M9088090.JPG

江奈湾はすっかり初夏の干潟に様変わりし、ヨシの緑が美しく、先月半ばにはまだ、あまり活動的でなかったカニ達も活発に動き回っている様子が観察できました。

干潟の潮溜まりは直射日光で30度を超える高温。
シオフキ(写真右)は息も絶え絶えに満ち潮を待っています。

M9088105.JPGシオフキ


投棄ゴミが少なかったため、観察会終了後、漂着ゴミを23キロ回収しました。

参加者の皆さんお疲れ様でした。


posted by OWS at 13:15 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

「江奈湾・小網代湾干潟生物調査」終了

5月17日〜18日、年1回の三浦半島江奈湾の「干潟生物市民調査」を実施しました。

P5170008.JPGM9087974.JPG

晴天に恵まれた17日、湾内の礫干潟とヨシ原前の砂泥干潟の2ヵ所を研究者や地元在住者を含む17名の参加者により実施することができました。

P5170083.JPGM9087998.JPG

調査終了後には短時間でしたがゴミ回収も行い、夜には金谷弦さん、多留聖典さんによる干潟生物と市民調査に関するセミナーも行いました。

翌18日には、小網代湾野外活動調整会議のお二人のガイドの方の引率と解説で、小網代湾干潟を観察し、午後には江奈湾に隣接する毘沙門湾で江奈湾同様の「干潟生物市民調査」を実施しました。

M9088022.JPG


干潟、干潟の2日間でしたが、協力者・関係者の皆さまのお陰で大変意義深い活動となりました。




posted by OWS at 15:48 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

江奈湾干潟モニタリング&ヨシ刈り・ゴミ回収活動終了

3月1日(土)は、男女7名と少し寂しい人数でしたが、恒例のモニタリング調査とゴミ回収に加えて、試験的なヨシ刈り活動も実施しました。

今回は2月1日の活動から日がたっていないこともあり、大型の投棄ゴミは見あたりませんでしたが、刈り取ったヨシの中から電子レンジやガスコンロなどかなり古い投棄ゴミが見つかり、回収することができました。

粗大ゴミ.jpg

また、前回手が回らなかった対岸には缶ゴミを中心とした漂着ゴミが多かったのですが、きれいにすることができました。

対岸の漂着ゴミ回収.jpg 計測.jpg

今回初めて試験的に取り組んだヨシ刈りでは、倒れたヨシが折り重なって新芽の発育を阻害している場所を選んで刈り取りました。
いつもは地元協力者の高梨さんが一人で取り組んでいた作業で、その大変さを痛感しました。
来期は機材や人数をそろえ、しっかり準備して取り組みたい活動です。

ヨシ刈り2.jpg 刈ったヨシ.jpg

モニタリングでは、朝小雨が降り、前日から一転して寒くなったためか、先月たくさん
観察できたヤマトオサガニはまったく見られませんでした。
ハマガニは、ヨシ原の中の巣穴で1匹だけ観察できました。他にも活動の痕跡がある
巣穴が多く、暖かい日には外に出ている様子が想像できます。干潟の春はもうすぐです。

ハマガニ巣穴.jpg

参加者のみなさん、お疲れ様でした。

お疲れ様でした.jpg

<今回の回収ゴミ>
●一般ゴミ(焼却ゴミ):3袋(約4.9kg)
●埋立ゴミ(不燃ゴミ):9袋(約44.1kg)※ランドセル2つ含む
●ペットボトル:4袋※(約12.1kg)※内キャップ:1袋
●缶:3袋(約11.7kg)
●ビン:1袋(約4.4kg)
●鉄くず:1袋(約4.5kg)

その他粗大ゴミ(一部抜粋)
タイヤ2、扇風機、ガスコンロ、電子レンジ、レジャー用パイプイス

※かながわ海岸美化財団にゴミの回収処分をお願いしています。

posted by OWS at 20:24 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

江奈湾干潟モニタリング&ゴミ回収活動終了

2月1日(土)、今年最初の干潟保全活動を実施しました。
参加者は13名。モニタリング調査とゴミ回収活動を行いました。
モニタリングでは、マガモ、ヒドリガモ、アオサギ、ウミネコ、セキレイ、チドリの仲間などの鳥類を観察しました。気温が高かったせいか干潟ではヤマトオサガニが活発に活動し、ホソウミニナやアラムシロもたくさん見られました。

モニタリング調査.jpg海鳥観察.jpg


ゴミ回収では、ビン、カン、一般ごみ、埋め立てゴミなどに分別したゴミが、
合計50袋・230kg、ほか投棄粗大ゴミも回収しました。

●一般ゴミ(焼却ゴミ):5袋(約14.8kg)
●埋立ゴミ(不燃ゴミ):29袋(約155.3kg)
●ペットボトル:6袋※(約8.4kg)※内キャップ:1袋
●缶:5袋(約21kg)
●ビン:1袋(約6.9kg)
●鉄くず:2袋(約18.9kg)

回収したゴミを分別.jpg重さを計測.jpg


その他の投棄粗大ゴミ
残念ながら、投棄ゴミが後を絶たず、地元協力者とも何らかの対策を講じる必要があると話し合いました。

●投棄粗大ゴミ(一部抜粋)
タイヤ14、車用バッテリー4、壊れた台車2、ホイール、マフラー、スクーターカバー
扇風機、温水洗浄便座、座布団、マットレス、デスクトップPC本体、PCモニター
漁業用浮き4、カゴ網7、ゴミなどが絡まった漁網の塊20kg、錆びたアンカー


タイヤ一式.jpgIMG_2138.JPGタイヤとマット回収.jpg
▲タイヤやホイール、バッテリーなど自動車関係の投棄ゴミが目立ちました

便座にパソコン.jpg
扇風機など.jpg
▲家電やモニターなども投棄されています

IMG_2156.JPGIMG_2109.JPG


参加者の皆さんは一様に楽しみながら活動に参加いただいた様子でした。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

おつかれさまでした.jpg

次回は3月1日(土)に行う予定です。

posted by OWS at 12:58 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

江奈湾・小網代湾 干潟生物補完調査終了

5月26日(日)〜27日(月)の2日間で、江奈湾・小網代湾の干潟生物調査を
実施しました。今回は4月に行った調査の補完調査です。

4月の調査では気温が低かったために、甲殻類があまり確認できませんでしたので、
今回は甲殻類を中心に確認をおこないました。

今回の調査はお天気も良く、気温も高かったので
干潟の上ではチゴガニやコメツキガニがたくさんでてきて腕を元気に振っていました。
また、後背のアシハラの中では、アカテガニ・アシハラガニなどがたくさん確認できました。

s-P5270025-t.jpg s-P5270073.jpg

2回の調査で130種類以上の生きものが確認できています。
近いうちに、江奈湾干潟で見ることのできる生きものリストを作りたいと思っています。

s-P5260010.jpg s-P5270052.jpg

調査後は、湾内に漂着・投棄されたゴミの回収を行いました。

ご参加いただいたみなさん、お疲れ様でした。

posted by OWS at 16:56 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

江奈湾・小網代湾 干潟生物調査終了

2013年4月13日〜14日 1泊2日の日程で神奈川県 三浦半島南部にある
江奈湾・小網代湾の干潟生物調査を実施しました。

この活動はOWSの干潟保全活動の一環として行っているもので、今回は国立環境研究所の
金谷弦さんを中心に6名の研究者にご協力いただき、総勢17名で調査を行いました。

まず最初に「干潟生物市民調査」を考案された東北大学の鈴木孝男先生から
調査方法と注意事項のレクチャーを受けます。
s-ブリーフィング.jpg

各自が発見・採集した生物を記録用紙に記録していきます。
図鑑を片手に各自が同定した生物を研究者が最終確認します。
s-ソーティング.jpg


s-固定.jpg


1日目の調査終了後に、漂着ゴミの回収を行いました。
調査後で時間があまりなかったのですが、それでも約56s(14袋)のゴミを回収しました。
s-清掃.jpg



夕食後は、勉強会を行いました。
金谷弦先生からは「干潟とそこに住む生物の果たす役割」
鈴木孝男先生からは「干潟生物市民調査について」
湯原剛さんからは「本日の調査結果報告」があり、真剣に聞き入っていました。
その後の懇親会もおおいに盛り上がりました。

s-勉強会.jpg



2日目は小網代湾で調査を行いました。
s-小網代湾調査.jpg


小型の貝類もしっかり同定するために、ルーペと図鑑は必須です。
s-観察.jpg


天気にも恵まれ、とても楽しく有意義な調査を実施できました。
協力研究者の皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

posted by OWS at 14:50 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

第3回・江奈湾干潟ゴミ回収活動終了

OWSでは、三浦半島江奈湾の保全活動を実施しています。
江奈湾は、神奈川県下に残された数少ない前浜干潟です。
たいへん希少な環境で、たくさんの生きものが生息しています。

s-M0015864.jpg  s-M0015832.jpg
干潮時には大きな干潟が出現します。   干潟の中央には澪筋があります。

2月16日(土)に、今年最初となるゴミ回収活動を行いました。
寒風吹き荒れる中、12名の参加者によって干潟内に放置されている漂着ゴミと投棄ゴミを
回収しました。

干潟の後背地にはヨシ原の群生地があり、そこには海からのゴミが漂着します。

s-M0015805.jpg s-M0015857.jpg 
各自回収した漂着ゴミを1か所に集め、全員で分別していきます。
s-M0015873.jpg


また、干潟を取り囲むように走る国道脇には、ゴミの不法投棄が多くみられます。

s-M0015818.jpg s-M0015820.jpg

壊れた自転車や、車のタイヤなどの大型投棄ごみもあります。
s-M0015875.jpg

また、10年以上前から干潟入り口に放置され、半分埋まっていた
魚網とロープ類の塊も撤去しました。
s-M0015806.jpg


海藻刈りから帰ってきた地元住民からはゴミが多くて困っているという嘆きの声
を聞きましたが、回収されたゴミの山を見てたいへん感謝されました。
s-M0015880.jpg

集まったごみを分別し計測したら、「かながわ海岸美化財団」と「三浦市」に回収を依頼します。
s-M0015899.jpg s-M0015895.jpg

およそ4時間の作業でこれだけのゴミを回収しました

●一般ゴミ:45袋(約267kg)
●埋立ゴミ:15袋(約77kg)
●ペットボトル:11袋(約18kg)内キャップ:1袋
●缶:8袋(約40kg)
●ビン:3袋(約27kg)
●タイヤ17本・自動車のシート・自転車・テレビなどの粗大ゴミ

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

4月には干潟生物調査も始まります。

posted by OWS at 19:03 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

第2回・江奈湾干潟ゴミ回収活動終了

OWSでは、三浦半島江奈湾の保全活動を実施しています。
江奈湾は、県下に残された数少ない前浜干潟で、たいへん希少な環境で、たくさんの生きものが生息しています。

9月29日(土)は、干潟内に放置されている漂着ゴミと投棄ゴミの回収活動を行いました。
参加者は男女12名。前回から約3ヶ月たち、たくさんのゴミが散乱していました。


国道沿いは投棄ゴミがいっぱいです。草やヨシで見えにくいため投棄されやすい?
DSC_0024.jpgDSC_0131.jpgM0014709.jpg

回収作業はなかなか大変です。
DSC_0138.jpgDSC_0095.jpg
DSC_0151.jpg


DSC_0208.JPG農業用肥料袋と農業用ビニールシートの束、ビニールハウス等に使用する支柱がまとめて大量に投棄されているのを発見。
M0014781.JPG



国道対岸のゴミは漂着ゴミ。木々の間に細かくなった発泡スチロールやトロ箱、大量のペットボトル、ビン、缶などが滞留しています。枝の間から回収します。
M0014716.jpgM0014728.jpg


回収したゴミは指定どおりに分別します。劇薬の殺線虫剤の缶も転がっていました。
DSC_0176.jpgDSC_0206.JPG

投棄された粗大ゴミもたくさんありました。ソファー、タイヤ、自転車、炊飯器、、トースター、ノートPC、ポリタンク、バイクのマフラー、バットなど。
DSC_0228.jpgDSC_0222.jpg

回収し切れていないのが心残りですが、短時間でこれだけ大量のゴミを回収しました。
●一般ゴミ:13袋(約41kg)
●埋立ゴミ:10袋(約54kg)
●ペットボトル:9袋(約15kg)内キャップ:1袋
●缶:4袋(約19kg)
●ビン:2袋(約13kg)
●粗大ゴミのほか、鉄類、電球、100円ライターなど

参加者の皆さん、お疲れ様でした。
DSC_0237.jpg

posted by OWS at 14:49 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

江奈湾干潟保全活動 終了 

6月23日(土)に三浦半島南端にある江奈湾(神奈川県三浦市南下浦町)
で干潟保全活動の一環としてゴミ回収を行いました。

曇り空で、作業をするには絶好のコンディションです。
10名のボランティアで干潟とその後背に広がる葦原のゴミ回収を行います。

最初にブリーフィングをします。
江奈湾全体はかなり広いので、本日作業するエリアを決めました。


 s-DSC_9916.jpg

海岸には、先日の台風の影響で多くの漂着ゴミが打ちあがっています。

s-M0014384.jpg

後背の葦原は国道に面しており、多くの投棄ゴミがありました。
とても残念なことです。

s-M0014376.jpg

国道を通る車に気をつけながら、葦原内のゴミを回収していきます。
s-M0014398.jpg

約4時間の作業で
埋立ゴミ15袋 一般ゴミ10袋 ビン・缶7袋 ペットボトル11袋 鉄3袋の
ゴミが集まりました。

それ以外にも、ソファーやベットマット、扇風機、テレビ、ポット、生ゴミ処理機
テーブル、タイヤなどの大型ゴミ、注射針など医療ゴミなども多数回収されました。

回収したゴミは「かながわ海岸美化財団」に収集に来てもらいます。

s-DSC_9985.jpg

今回は江奈湾全体の約20%程度のエリアしか手が回りませんでした。
今後も継続的に実施しなくてはならないことを、強く感じました。

今回ご参加いただいた皆様、たいへんな重労働でご苦労様でした。
ご協力本当にありがとうございました。

s-DSC_9981.jpg

posted by OWS at 20:39 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする