OWS事務局ブログ

2018年05月22日

春の江奈湾・毘沙門湾干潟生物調査終了

5月19日には第6回江奈湾干潟調査を実施し、14名が参加しました。
今年も様々な種が確認され、あらためて江奈湾干潟の多様性を確認できました。

夜は、美しい生態写真の撮影で著名な東邦大学の多留さんに撮影テクニックを
披露していただきました。

P5190067.JPG

5月20日には第4回毘沙門干潟調査を実施し、13名が参加しました。
毘沙門湾でも多くの新たなベントス種を確認しました。

P5190040.JPGP5190029.JPG
P5190058.JPGP5200131.JPG
P5202925.JPGシラスウナギ.PNG


posted by OWS at 14:46 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

2月3日江奈湾干潟保全活動終了!

今年度最後のモニタリング&ゴミ回収活動を実施しました。
まだまだ潮位が高く、低潮線の観察はできない時期でしたが、
来シーズンのテーマの一つであるホソウミニナの密度調査のテストを行いました。

今回は6名の少人数だったこともあり、ゴミ回収は限られた範囲にとどめましたが、
それでも168kgのゴミを回収・分別しました。


今回、注目した点は、各地で猛威を振るった昨年10月の台風被害と
県道拡幅工事がいよいよ西干潟に面する斜面に取りかかった点でした。

波で破壊された東干潟側への通路のコンクリート.JPG 
▲波で破壊された東干潟側への通路のコンクリート


台風は、西干潟のアシハラを広い範囲でなぎ倒し、様子が一変していました。


なぎ倒されたヨシ.JPG 波で運ばれた小石が目立つ干潟面.JPG
▲なぎ倒されたヨシ と 波で運ばれた小石が目立つ干潟面


拡幅工事では、雑木林を切り崩した崖がむき出しになっていて、
アカテガニの営巣地の一部が完全に消失したことが分かり、影響が懸念されます。


崖を崩し3メートルの拡幅を行う.JPG 
▲崖を崩し3メートルの拡幅を行う


寒い中、参加いただいた皆さん、本当にお疲れ様でした!


168キロの回収.JPG
168kgのゴミを回収


posted by OWS at 13:36 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&アマモ分布調査(ドローン調査)」終了

8月20日(日)、定例の江奈湾モニタリング調査を実施しました。
さらに今回は、昨年6月に実施したアマモ類調査を補完するため、ドローンによる撮影も実施しました。

P8200011.JPG P8200017.JPG

ドローン撮影は、海洋写真家の杉森雄幸さん(OWS理事)。さすがプロです。
真上から撮影した画像ではアマモ類がどこにどのくらい分布しているかが、しっかり把握できました。

写真は↓江奈湾全景です!

DJI_0185.JPG

ドローン飛行・撮影は、関係各所に許可・承認を受けて実施しています



posted by OWS at 18:39 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

「江奈湾・毘沙門湾干潟調査」終了

6月10日〜11日、江奈湾・毘沙門湾の干潟生物調査を実施しました。
P6100331.JPG

延28名が参加し、今年5年目になる江奈湾と、3年ぶり2回目の毘沙門湾での
干潟生物市民調査のほか、専門研究者による定量調査やベントス研究者の
調査なども併せて実施しました。

新たな出現種も多く、これまで分類が確定していなかった種について
専門研究者の参加によって明らかになりつつある種もあり、
この後の結果報告が待ち遠しい限りです。

P6100057.JPGP6100010.JPG
砂泥干潟の石の下から見つかった    ダイコンイソギンチャク
種名不詳魚(調査中)             (三浦大根イソギンチャク?笑)

P6100031.JPGP6110087.JPG
両干潟で定着が確認されたオサガニ   種名不詳ガニ(調査中)


posted by OWS at 11:27 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&ゴミ回収活動」終了

4月15日(日)、2017年度最初の江奈湾干潟のゴミ回収活動を実施しました。
まだ潮の高い午前中に、ゴミ回収を実施しました。

P4150086.JPGP4150082.JPG

風が強くて大変でしたが、前回(3月)回収しきれなかった投棄ゴミを回収し、
だいぶキレイになりました。
行政にも対策をお願いしていますが、もうこれ以上、増えないことを願います。

P4150012.JPGP4150027.JPG

お昼過ぎには干潮をむかえ、暖かい陽気の中、干潟のモニタリングを実施しました。
ようやく暖かくなって、葦の新芽が伸び始め、干潟の生き物も活動が活発になってきたようです。
少しじっとしていると、穴から小さなチゴガニが次々と出てきて一斉にバンザイを始めます。
チゴガニ集団のウエーブダンスをあちこちで観察できました。

P4150126.JPGP4150130.JPG

参加者の皆さま、お疲れ様でした。
次回の活動は6月の市民調査です。


posted by OWS at 11:37 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&ゴミ回収活動」終了

今年度最後の江奈湾干潟のゴミ回収活動を実施しました。
1月のゴミ回収活動が中止になったこともあり、投棄ゴミが目立ち、
360kgを超す回収量となりました。

午後にはモニタリングを兼ねた干潟観察会を実施しました。
参加者の皆さま、お疲れ様でした。

P3040029.JPG


posted by OWS at 10:57 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

江奈湾干潟保全活動「ゴミ回収活動&アカテガニ産卵観察会」終了

7月18日「海の日」に、江奈湾で、漂着・投棄ごみの回収とアカテガニの集団放仔の観察会を行いました。

夜の集団放仔観察との関係で満潮時間帯での活動となったため、いつもよりも狭い範囲のごみ回収でしたが、県道沿いと岩場を中心に、約65kgの海岸ごみを回収しました。

ただ当日は最高気温が30℃を軽く超える酷暑で、日は傾いてもまだまだ暑い!ごみ回収量は通常の半分程度でしたが、疲労度は過去最大級だったかもしれません。参加の皆様、本当にお疲れ様でした。

s-P7180215.jpg    gomi.jpg
 ごみ回収量のわりには疲労困憊         回収されたごみと沈む夕日

さて、ごみ回収の後はしばしの休憩を挟んで対岸へと移動し、アカテガニの集団放仔の観察です。

この日はまだシーズン初期のためでしょうか、なかなか放仔が始まりませんでしたが、それでも周囲が真っ暗になると、海岸沿いの森の中からアカテガニやベンケイガニなどが次々に現れて海に入り、お腹に抱えた幼生を海に放って行きました。

houshi.jpg
 ベンケイガニの放仔の様子。
 半身を海水につけて激しくお腹を動かし、幼生を海に放出します。

kansatsu.jpg
 カニの放仔を観察。周囲は真っ暗でライトの光が頼りです。

ただ放仔観察後に干潟沿いの県道上を見ると、たくさんのカニが自動車に轢かれて潰されています。お腹に卵を抱えたままの母ガニもたくさんいましたから、せっかく苦労して山から海へと降りて来ても、子孫を残すことは叶わなかったのでしょう。

この県道は周辺住民の皆さんに欠くことのできない生活道路ですので、簡単に通行止めもできませんが、生き物の命と地域の人々の生活と、簡単には答えの出せない問題にも気づかされる機会となりました。

roadkill.jpg
 アスファルトの上のカニの轢死骸。
 放仔最盛期には数え切れないほどに増えるそうです。


今年度の放仔観察会は今回のみの予定ですが、アカテガニの産卵自体は8月がピークです。また江奈湾のごみ回収や干潟保全活動は、今後も継続して実施して行きます。干潟の生き物に興味があったり、海岸ごみの実態などにご関心のある方は、ぜひ一度、OWSの江奈湾干潟保全活動にご参加下さい。きっと新しい発見があることと思います。


砂浜委員会委員長・池上喜代壱


posted by OWS at 11:35 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

江奈湾干潟 生物市民調査とアマモ調査 終了

4日5日の両日、第4回目の江奈湾干潟生物市民調査とアマモ調査を実施しました。
今回の参加者は全員で28名と大人数のうえ、10名を超える研究者が参加した特別なチームとなりました。

P6040025.JPG

干潟調査では6年ぶりにオサガニを確認したほか、数種の未記録種も確認できました。

P6040023.JPGP6050026.JPG


アマモ調査は生憎の雨模様となりましたが、湾内のアマモ群集、コアマモ群集についてGPSを使って分布域を把握することができました。

P6050130.JPG


4日夜に開催した恒例の研修会では、京都大学フィールド科学教育研究センターの宮崎勝己先生によるカイヤドリウミグモの研究、広島大学の冨山毅先生によるカレイと干潟生物の研究、西海区水研の山田勝雅による干潟生物研究の幅広い話題を提供いただき、大変充実した内容となりました。

P6040078.JPG

調査指導をいただいた国立環境研究所の金谷さん、東邦大学の多留さん、仙台から駆け付けてくださった東北大学の青木先生、鈴木さん、伊藤さん、そして、参加いただいた皆さま大変お疲れ様でした。



posted by OWS at 18:04 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&ゴミ回収活動」終了


3月26日(土)今年度最後の干潟モニタリングとゴミ回収活動を終了しました。

ようやく春の兆しが感じられる干潟でしたが、曇りがちの肌寒い陽気だったせいか
干潟生物の出現は限られたものでした。

P3260015.JPG

それでも秋から冬の期間に確認できなかったツバサゴカイの棲管を確認したり、
チゴガニのコロニーを観察したり、楽しい時間を過ごしました。

P3260026.JPGP3260031.JPG
 ↑ ツバサゴカイの棲管

午後は地元協力者の高梨さんを含め11名の皆さんで350キロのゴミを回収しました。

P3260035.JPG
ツワブキ採集


また、活動終了後、高梨さんの案内で
ツワブキの採集も行いました。(→)
高梨さんはツワブキの料理レシピもご用意くださり、
皆さん昨夜は、春の香り豊かなツワブキ料理を
堪能したことでしょう!

皆さまお疲れ様でした。



posted by OWS at 12:30 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&ゴミ回収」終了

1月24日(日)、全国的に寒波がおそい、強風が吹き荒れる中、砂浜委員のメンバーを中心に、総勢8名で江奈湾のゴミ回収を行いました。

久しぶりのゴミ回収だったこともあり、粗大ゴミ、投棄ゴミを大量に回収しました。

P1240009.JPG
 ゴミ袋にまとめて投棄されたものも
P1240020.JPGP1240053.JPG
 ブラウン管大型テレビの回収(重い!)   袋数は44にも!

P1240051.JPG
 ヨシ原に漂着したゴミも回収


年末の大掃除後の投棄か?と思うような、家庭ゴミをまとめたゴミ袋もたくさん投棄されており、この現状には憤りを感じます。
回収したゴミは 44袋+粗大ゴミ 合計で 446.1kg になりました。

キャプチャ.PNG
キャプチャ2.PNG

参加した皆さん、寒い中大変お疲れ様でした!
次回は3月26日(予定)です。


posted by OWS at 13:11 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする