OWS事務局ブログ

2016年01月22日

造礁サンゴ調査プロジェクト「対馬モニタリング調査」終了

1月16日〜17日、長崎県の対馬調査を実施しました。
冬型の気圧配置が強まり、天候を気にしながらも無事作業を完了しました。
今回は透明度が高く水面から調査ポイントのひとつが分かるほどでした。
対馬の海は、この時期水温がそれほど高いわけでもありません。
そんな地にサンゴがあり続けるのは不思議な気分でした。

image001.pngimage002.png
 調査風景

image003.jpgimage004.jpg
 北限サンゴ礁

image005.jpg
 丸い形状のキクメイシの仲間


調査終了後、地元漁師さんの計らいで漂着海洋ごみに覆われた海岸を見学に行きました。

image007.jpgimage006.jpg
 おびただしい漂着ごみ

水中調査委員:風間健美




posted by OWS at 15:12 | サンゴ調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする