OWS事務局ブログ

2012年11月22日

震災復興支援プログラム 自然環境再生のための第5回藻場調査 終了

11月20日に今年度5回目になる東日本大震災復興支援、藻場調査を実施しました。
今回は石巻市狐崎での調査です。

s-DSC_0094.jpg
このポイントは震災直後の6月から毎月定期的に海藻の生育状況をモニタリングしている場所です。
約2mの地盤沈下の影響で、海藻の生育環境が変化し、その生育状況が変わってきているそうです。

今回はあいにくの海況で海藻モニタリングはできなかったので、周辺海域にに生息している
「バフンウニ」の生体採取を行いました。

s-DSC_0101.jpg DSC_0100.JPG

調査員は全7名で、生体140個体の採取が必要です。
うねりの激しい浅海域の潜水で、波に揺られながら転石の裏に隠れているバフンウニを探して採取していきます。
大きさは殻長3センチ〜6センチ程度の個体を採取しました。

s-DSC_0096.jpg

おおよそ1時間の作業で今回の作業は終了しました。

s-M0016764.jpg

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございまいた。

posted by OWS at 14:11 | 藻場調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする