OWS事務局ブログ

2012年06月22日

第65回海のトークセッション終了

6月20日に一般社団法人JEANの事務局長小島あずささんをお招きした、
第65回海のトークセッション「日本のゴミはどこへ行く?海を巡る私達のごみ」
が終了しました。
今回はセミナー委員会の高松委員にレポートしてもらいました。

************************************************

前日の台風の影響が少し残っていましたが
なんのその、会場は満席でした。

s-M0016097.jpg
 
今回の講演者は、一般社団法人JEAN事務局長の小島あずささん
ミッドウェー環礁に流れ着く日本やアジアからの漂着物の話を中心に
私たちが普段使っていて捨てた日用品などが どこへ行き、
どんな問題を起こしているのかという切り口でお話し頂きました。

_0013604.jpg
 
スライドに映し出された漂着物。
まるでそこは日本なのでは?と思うほど日本製のものが多く
日本人としてとても複雑な気持ちになりました。

s-M0016086.jpg

そこに生息する海鳥の死骸からはプラスチックゴミがほぼ100%出てきて
そのゴミの多くが日本からの漂着物だそうです。

日本の海岸でも同じような事は起きており、私がびっくりしたスライドは
一見きれいな海岸にハマユウが植生しているのですが その地面を掘り
起こすと微細化したプラスチックが まるで貝殻破片のように土に混入し、
厚い層を成しているのです。
それが辺り一面に広がっているのですから回収はほぼ不可能という事でした。
これからは、こうした粉砕し微細化したプラスチックゴミが、大きな問題となるで
あろうと言われているそうです。

_0013621.jpg

私たちの身の周りのちょっとしたゴミは たとえ海から遠くはなれた場所からでも
風雨などで水路や川へ流れ、海へと至るのです。

_0013618.jpg

人力の清掃活動だけでは限界があり 根本的な問題の解決のためには
ゴミを出さないような社会の仕組みを作る努力が必要であろうとの事でした。
まずは、多くの人にこの現実を知ってもらう事が 一番大切な事だなと強く思いました。
そして、私自身は一体何が出来るのか考えさせられました。




posted by OWS at 14:58 | 海のトークセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。