OWS事務局ブログ

2009年12月03日

砂浜海岸調査リーダー研修報告

フィールド委員の後藤です。
11月28日に三浦半島天神島ビジターセンターで、
OWSと「海の生き物を守る会」で共催した「砂浜海岸調査リーダー研修」に参加してきました。

------------------------------------

ブリーフィング風景.jpg砂浜海岸調査リーダー研修は、
14名の参加で大いに盛り上がりました。
まず最初に、向井宏先生から
「砂浜海岸調査方法の概要」が説明されました。

初めての人にも経験者にもわかりやすい説明で
これまでの疑問点もクリアになったところで、
ビジターセンター裏の砂浜海岸に出てフィールド調査が始まりました。


汀線に設置された50mのガイドロープを何歩で歩くか知ることから調査開始です。
みんな無言で50mの歩数を数えました。

その後汀線に打ち上げられた生きものの採取記録を約1時間行いました。
まず、気がついたのがハマトビムシの多さです。
どこの海岸にもいるのですがあまりにも多すぎて、無視していたのですが、
改めてこの存在を意識してみると、けっこうかわいいやつだったりします。

歩数確認.jpgフィールド調査.jpg


同定・解説.jpg最後にビジターセンターに戻り、
採取してきた海藻や海草、貝殻やホヤの仲間など、
図鑑を使い同定していきました。

向井先生や横濱先生に貝や海藻の生態なども
解説していただきながら、新しい発見が
盛りだくさんの研修でした。


今後OWSでも砂浜海岸調査を積極的に開催していきたいと思います。
皆さんもぜひご参加ください。
(後藤)


posted by OWS at 10:13 | 海辺の自然教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする