OWS事務局ブログ

2018年04月03日

江奈湾干潟モニタリング&ゴミ回収活動 終了

4月1日、少し風があったものの暖かい春の陽気の中、
今年度最初の江奈湾干潟観察会とゴミ回収活動を参加者14名で実施しました。

午前中の観察会は、いつもながらいろいろな発見があり、
楽しい観察会となりました。

P4010005.JPG

ようやく潮も少し低くなって低潮線付近の観察場所も少し広がり、
本格的な観察シーズンも間近です。

P4010058.JPG 
ハマグリ:殻幅72ミリの大型のハマグリ

P4010006.JPG P4010013.JPG
写真左:初記録のムツハアリアケガニ
写真右:ヒモムシと同居していたオオヨコナガピンノ


午後にはゴミ回収活動を実施し、327kgを回収しましたが、
時間切れでまだ多くのゴミが残されています。

P4010082.JPG P4010073.JPG

もしゴミ回収活動を実施できそうな会社や団体がいらっしゃいましたら、
ぜひご一報ください。

P4010098.JPG
お疲れ様でした!



干潟沿いの県道拡幅工事↓
P4010004.JPG
3mの拡幅とはいえ、工事で破壊される雑木林の幅は10mを超え、
この範囲のアカテガニ営巣地は消失しました


posted by OWS at 19:54 | OWSトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

2月3日江奈湾干潟保全活動終了!

今年度最後のモニタリング&ゴミ回収活動を実施しました。
まだまだ潮位が高く、低潮線の観察はできない時期でしたが、
来シーズンのテーマの一つであるホソウミニナの密度調査のテストを行いました。

今回は6名の少人数だったこともあり、ゴミ回収は限られた範囲にとどめましたが、
それでも168kgのゴミを回収・分別しました。


今回、注目した点は、各地で猛威を振るった昨年10月の台風被害と
県道拡幅工事がいよいよ西干潟に面する斜面に取りかかった点でした。

波で破壊された東干潟側への通路のコンクリート.JPG 
▲波で破壊された東干潟側への通路のコンクリート


台風は、西干潟のアシハラを広い範囲でなぎ倒し、様子が一変していました。


なぎ倒されたヨシ.JPG 波で運ばれた小石が目立つ干潟面.JPG
▲なぎ倒されたヨシ と 波で運ばれた小石が目立つ干潟面


拡幅工事では、雑木林を切り崩した崖がむき出しになっていて、
アカテガニの営巣地の一部が完全に消失したことが分かり、影響が懸念されます。


崖を崩し3メートルの拡幅を行う.JPG 
▲崖を崩し3メートルの拡幅を行う


寒い中、参加いただいた皆さん、本当にお疲れ様でした!


168キロの回収.JPG
168kgのゴミを回収


posted by OWS at 13:36 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンゴ調査 今期のモニタリング調査終了!!

1月18日〜19日に高知県の竜串調査を、1月27日〜28日に西伊豆の安良里調査
をそれぞれ完了しました。

竜串調査地.JPG 竜串・ノスギノキミドリイシ群集.JPG
竜串調査(右:スギノキミドリイシ群集)

安良里調査は、昨年11月末に実施予定でしたが、
海況不良で延期となったものでした。

今回は水温は低いものの透明度抜群のコンディションで、魚類調査も含め、
2日間にわたる快適な調査を実施することができました。


安良里・ハナガタサンゴの仲間.JPG 魚類調査の様子.jpg
安良里・ハナガタサンゴの仲間    魚類調査の様子  


サンゴは元気よく成長しており、新規加入のサンゴも観察できました。

元気に成長を続けるエンタクミドリイシ.JPG 着床して5ミリ程度に成長したサンゴ.jpg
元気に成長を続ける         着床して5ミリ程度に成長したサンゴ
エンタクミドリイシ(安良里)


今年度は、安良里に限らず、微妙な海況に悩ませられた1年でしたが、
お陰様で全調査を無事完了することができました。


生き返ったー.JPG
生き返ったー!(寒かった安良里)


参加いただいた皆さん、たいへんお疲れ様でした。



posted by OWS at 13:21 | サンゴ調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

第6回「未来に残したい海・子どもフォトコンテスト」表彰式終了

12月2日(土)、オリンパスプラザ東京(西新宿)で第6回「未来に残したい海・子どもフォトコンテスト」の表彰式を行いました。オリンパスさんとの協働プロジェクト「未来に残したい海」の一環として毎年行っている子どもフォトコンテストは、今年で6回めになりました。

高砂淳二副代表理事、杉森雄幸理事を審査員に、厳正な審査の結果、255点の中から
入賞5点、入選15点、合計20作品が選ばれ、表彰式では12名の表彰を行いました。
賞状と、副賞として入賞者にはカメラ、入選者には双眼鏡が贈られました。

受賞者の皆さん、おめでとうございました!

PC020074.JPG PC020062.JPG 
★最優秀賞             ★杉森雄幸賞 

PC020032.JPG PC020038.JPG
★オリンパス賞           ★OWS賞 

後半は毎年恒例の杉森さんのスライドトークショー。
撮影に使っているドローン実機を披露していただき、
ドローンで撮影した上空からの海の画像で海のお話をしていただきました。

PC020155.JPG

同会場で入賞作品展も行っており、
このあとオリンパス関連施設15ヶ所を巡回展示します。


審査結果はOWSホームページで公表しています。


お忙しい中、表彰式に参加してくださった受賞者とご家族の皆さま、
ありがとうございました!


posted by OWS at 13:49 | OWSトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

江奈湾干潟保全活動「モニタリング&アマモ分布調査(ドローン調査)」終了

8月20日(日)、定例の江奈湾モニタリング調査を実施しました。
さらに今回は、昨年6月に実施したアマモ類調査を補完するため、ドローンによる撮影も実施しました。

P8200011.JPG P8200017.JPG

ドローン撮影は、海洋写真家の杉森雄幸さん(OWS理事)。さすがプロです。
真上から撮影した画像ではアマモ類がどこにどのくらい分布しているかが、しっかり把握できました。

写真は↓江奈湾全景です!

DJI_0185.JPG

ドローン飛行・撮影は、関係各所に許可・承認を受けて実施しています



posted by OWS at 18:39 | 干潟保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする